北山三村

京都の街から30分、こんなところに、ありました。

ブログ

伝統の炎を守る男たち  ~中畑町~

8月24日 雲ヶ畑の伝統行事

松上げ

その準備が8月11日、行われました。

今までは15日と決まっていましたが、諸事情により今年は11日 赤色チェック の絵文字

割った松明の先を、こついて先を割ってわって
火が付きやすいようにしていきます。

若中を卒業した、波多野町と高橋町の権兵衛が持つ松明も、
木を削って12本作っていきます。

準備、本番、片付けまで、すべて
36歳以下の長男、
若中に任されている雲ヶ畑の松上げ。
少子化で人数が減り、二男や、
山仕事サークル杉良太郎のメンバーも
参加してもらってます。

特に、いろいろな重い荷物を背負っている若中の長は、
頼もしい限りです。

大文字の送り火のように、文字を夜空に浮かび上がらせる雲ヶ畑の松上げ。

その文字は毎年変わり、若中の仲間が考えます。
でも本番までは、家族の者にもナ・イ・ショ・・・
いつも8月24日の火があげられる瞬間がドキドキ楽しみ。

今年の文字は、なにかな~  ぼかし の絵文字    よしみ

fb

< コメントを入力 >

お名前
(入力必須)