5月26日日曜日に,

京都府立清明高等学校グラウンドで行われた

「北区民ふれあいまつり2019」,

小野郷学区も出展しました!

 

小野郷学区では,毎年恒例の「くさもち」を,

すぐ横で餅つきをしながら販売しました。

 

 

学区の皆さんで,交代しながら13臼もつきました!

ベテランの皆さんがつくと,地面を通して「ズシン!」という振動が伝わってきます。

 

まわりにヨモギのいい匂いが立ち込め,

もちつきの音の集客効果も相まって,

例年通り長蛇の列が出来ていました。

 

 

お米2升分の餅は,開始から2時間もしないうちに売り切れてしまいました。

出展側もとても楽しいお祭りになりました!