かがやき隊員の奥田です!1月2日に小野地区の岩戸落葉神社では,新年を祝う『歳旦祭』が執り行われました。

年末から年明けにかけての寒波の影響で,雪こそ降ってはいませんでしたが,

多量の積雪と低気温の中,宮司さん,総代の方々,氏子の方々で年始を祝います(o^^o)

10時の開始前に,手分けして準備から。秋の例祭と同様,今回も地域の皆さんのチームワークは流石の一言。

テキパキとそれぞれが誰に指示されるわけでもなく,作業を分担して進めていきます(o^^o)

お供え物や玉串奉奠をする場の設置と,準備完了です。

午前中ということもあって日が差さず,冷え込む中,暖を取りながら宮司さんの到着を待ちます。

宮司さんが到着され,『歳旦祭』が静かに始まりました。コロナ禍のため規模縮小や少人数で行われましたが,

秋の例祭同様,神聖なる儀式に荘厳さを感じられずにはいられません,

手分けしてお供え物を岩戸社,落葉社,各末社に供えていきます。

足元が悪い中での移動のため,慎重に運ばれていきます。

続いて,祝詞奏上(のりとそうじょう)。宮司さんの祝詞が境内に響き渡ります。

筆頭総代の方から,小野地区の町内会長,そして参列の方々と玉串奉奠が続きます。

末社を宮司さんに続いて参拝。心地よく息の合った二礼二拍手一礼。

筆頭総代の方,宮司さんの方のお言葉にもあったように,コロナ禍の終息と今年も健康であることを祈りながら・・・

令和4年度の小野地区の『歳旦祭』の終了が告げられました。