かがやき隊員の奥田です!先日の2月17日,京都北山丸太生産協同組合にて

第47回京都特産北山丸太展示大会が開催されました。

午前中は,同展示大会の優秀品表彰の式典が執り行われるとのことで,取材させていただきました(^-^)/

石川理事長の挨拶より始まり,京都府京都林務事務所の審査講評を経て,

優秀品が読み上げられていきます(^_^) 形状・光沢・樹齢などを判断材料に審査が行われたようですが,

どれも生産者の手間と技術が蓄積されたもので,優劣をつけるのが非常に困難だったとのことです。

約600年の歴史を誇る北山丸太。その間に育まれてきた技術が今なお受け継がれ,

人々を魅了し続けていることが,表彰を通じて感じられます(>_<)

一つ一つの北山丸太に,歴史の重みを感じずにはいられません。表彰された方々,おめでとうございます。

今後も,北山丸太が持つブランド力を活かして更なる発展を,とのことでした。

京都の伝統工芸品であり,地域が誇る伝統文化としての北山丸太。3月6日にはオンラインで

『京都から木の文化を考えるシンポジウム』が開催されるとのこと。

今後も北山杉の動向に目が離せません(^^♪